*

海外不動産投資研究

アジアの不動産が人気の昨今です。

いかに近いとはいえ、外国の不動産を購入するには、多少の躊躇もありますね。

このブログでは、アジアのコンドミニアム事情を現地リポートを時折差し込みながら解説します。

  • 新築コンドミニアム販売の現場
  • 海外コンドミニアムの購入
  • 海外コンドミニアムの売却
  • 収益物件
  • キャピタルゲイン
  • インカムゲイン

など、様々な角度から、検証してみたいと思います。

私 が海外のコンドミニアムの売買に興味を持ったのは、10数年前のアジアの通貨危機の時のことでした。タイとマレーシアの通貨が暴落し、外国通貨に対し、半 分ほどの勝になってしまった時、当然のようにタイ、マレーシアの経済は大混乱に陥りました。預金を引き出したり、不動産や動産を手放して、現金化しようと する動きや、ローンで購入した不動産の支払いが滞り、不良債権化した物件が大量に売りに出されるなど、誰も経験のない事態の中、タイのコンドミニアムの多 くが外国人の手に渡ったそうです。

当時のタイでは、外国人は土地購入はできませんが、コンドミニアムは自由に購入が可能でした。

混乱が収まったころに、コンドミニアムの区分所有者のほとんどが外国人、という物件が続出し、その後法令が改正され、外国人のコンドミニアムの所有は全体の床面積の49%まで、という規制が出来たそうです。

ともあれ、その混乱時に物件を手に入れた外国人投資家は、現地の混乱による物件価格の暴落と、外国通貨に対し、現地通貨が半分ほどの勝になったことを受け、通貨危機以前の半分以下の価格で物件を入手したのです。

その後、日本でも同様の混乱を経験することになるのですが、海外の不動産の売買の奥深さを感じさせられた出来事でした。

日本国内の不動産購入と比べ、海外の不動産購入には、通貨の変動という要素も加わり、時としては大きな利益をもたらす場合もあるわけです。

も ちろん、同じような状況が何度も起こるものではなく、不動産投資は冷静な判断で行われるべきですが、通貨危機は、私にとって海外不動産の購入にまつわる側 面を見せつけてくれた出来事でした。 仕事柄、海外出張も多い中、海外不動産についてちょっと研究してみようかな、という気持ちになってきた最近です。

拙い文章ですが、なんらかのお役にたつことが出来れば幸いです。

eyecatch2
ジョホールバルのコンドミニアム購入

今回友人が購入することになったジョホールバルのコンドミニア...

eyecatch2
アジアの不動産会社

アジアのコンドミニアムの販売は、ディベロッパー自身が行うことが多いよう...

eyecatch2
プロパティマネージメント

コンドミニアムを所有し、収益物件として利用しようとす...

eyecatch2
海外送金

タイで外国人がコンドミニアムを購入する際には、購入資金の海外からの送金...

eyecatch2
海外不動産のリスク

海外の不動産を購入、所有するに当たっては、日本国内の不動産購入とは違っ...

→もっと見る

PAGE TOP ↑