*

ジョホールバルのコンドミニアム購入

今回友人が購入することになったジョホールバルのコンドミニアムの売買契約と、金銭消費貸借契約(借入の契約)についての現場をリポートします。

シンガポール・チャンギ国際空港に降り立った私たちは、チャーターしてあった車に乗り、ジョホールバルへと向かいました、シンガポール空港からジョホールバルまでの距離は高速道路で約20-30km国境の川を渡ってマレーシア側にある街がジョホールバルです。

シンガポールドルが80円であるのに対し、マレーシアリンギットが31円であることもあり、シンガポール人にとってはジョホールバルは、買い物天国。

多くの人が、買い物にジョホールバルを訪れます。

国境の橋には橋の両側にはそれぞれのイミグレーションがあります。我々はチャーターした車でいったので、車に乗ったまま、パスポートを窓口に出します。(シンガポールからマレーシアに入国する際には、シンガポール側のみ出入国の書類が必要で、マレーシア側では必要ないようです)

ココで面白い買ったのが、ガソリンの価格も当然シンガポールとマレーシアでは倍ほど違うために、シンガポール人が車に給油するためにマレーシアに向かうのを規制するために、ガソリンは4分の3以上ないと罰金が科せられるようです。

 建物が林立した感のあるシンガポールに比べ、ジョホールバルに入ると、古い建物が目につき開発がこれからであることは否めません。しかし、開発は2012年から開発ははじまったばかりで、人口破裂気味のシンガポールのベッドタウンとして人気が出るであろうことは容易に想像が出来ます。

(後半につづく)

関連記事

eyecatch2

プレビルド方式

アジアのコンドミニアムの売り方の大きな特徴は、日本の呼び方で言うと『青...

記事を読む

eyecatch2

インカムゲイン

不動産投資におけるインカムゲインとは、主として賃料収入のことを意味しま...

記事を読む

eyecatch2

キャピタルゲイン

コンドミニアム購入におけるキャピタルゲインとは、資産益、つまり購入した...

記事を読む

eyecatch2

マレーシア

昨今マレーシアの不動産が話題に上ることが増えてきました。 マレ...

記事を読む

新着記事

eyecatch2

アジアの不動産会社

アジアのコンドミニアムの販売は、ディベロッパー自身が行うことが多いよう...

記事を読む

eyecatch2

プロパティマネージメント

コンドミニアムを所有し、収益物件として利用しようとす...

記事を読む

eyecatch2

海外送金

タイで外国人がコンドミニアムを購入する際には、購入資金の海外からの送金...

記事を読む

eyecatch2

海外不動産のリスク

海外の不動産を購入、所有するに当たっては、日本国内の不動産購入とは違っ...

記事を読む

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

この投稿のコメント・トラックバックRSS




管理人にのみ公開されます

前の記事:

次の記事:

eyecatch2
ジョホールバルのコンドミニアム購入

今回友人が購入することになったジョホールバルのコンドミニア...

eyecatch2
アジアの不動産会社

アジアのコンドミニアムの販売は、ディベロッパー自身が行うことが多いよう...

eyecatch2
プロパティマネージメント

コンドミニアムを所有し、収益物件として利用しようとす...

eyecatch2
海外送金

タイで外国人がコンドミニアムを購入する際には、購入資金の海外からの送金...

eyecatch2
海外不動産のリスク

海外の不動産を購入、所有するに当たっては、日本国内の不動産購入とは違っ...

→もっと見る

PAGE TOP ↑