*

アジアの不動産会社

アジアのコンドミニアムの販売は、ディベロッパー自身が行うことが多いようです。

タイに限っていうと(他の国は未調査です)、現時点ではタイには不動産に関する免許制度がありません。日本やアメリカのような、免許を持った不動産エージェント(日本では、宅地建物取引主任者)という制度がなく、不動産会社を設置するための許可もいらないようです。(現在、法改正の準備は進んでいるようです)

現地の人間に聞くと、もともとアパートや借家などを貸す場合や売る場合は、口コミでおこなっていたそうなのです。日本の常識からするとちょっと考えにくい状況ではありますが。

現在、現地で開業している不動産会社は、任意の認識を持って、仲介を行い、任意の契約書を利用していることになります。

コンドミニアム購入の際には、バイヤーはディベロッパーの作成した不動産売買契約書類で売買契約を締結することになります。

登記の手続きは弁護士に依頼することが多いようです。

日本や、欧米では、不動産の売買の際に、『不動産会社』や『エスクロー』が介在することによって、物件の適正なデュー・デリジェンスが行われ、取引の適正化が促進されるわけですが、その点においては、購入者が十分に注意をする必要があるでしょう。また、現地語で作成される売買契約書も、翻訳し、理解することが望ましいと思われます。

 

 

 

2013/10/17 | 未分類

関連記事

eyecatch2

プレビルド方式

アジアのコンドミニアムの売り方の大きな特徴は、日本の呼び方で言うと『青...

記事を読む

eyecatch2

海外不動産投資研究

アジアの不動産が人気の昨今です。 いかに近いとはいえ、外国の不動...

記事を読む

新着記事

eyecatch2

ジョホールバルのコンドミニアム購入

今回友人が購入することになったジョホールバルのコンドミニア...

記事を読む

eyecatch2

プロパティマネージメント

コンドミニアムを所有し、収益物件として利用しようとす...

記事を読む

eyecatch2

海外送金

タイで外国人がコンドミニアムを購入する際には、購入資金の海外からの送金...

記事を読む

eyecatch2

海外不動産のリスク

海外の不動産を購入、所有するに当たっては、日本国内の不動産購入とは違っ...

記事を読む

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

この投稿のコメント・トラックバックRSS




管理人にのみ公開されます

eyecatch2
ジョホールバルのコンドミニアム購入

今回友人が購入することになったジョホールバルのコンドミニア...

eyecatch2
アジアの不動産会社

アジアのコンドミニアムの販売は、ディベロッパー自身が行うことが多いよう...

eyecatch2
プロパティマネージメント

コンドミニアムを所有し、収益物件として利用しようとす...

eyecatch2
海外送金

タイで外国人がコンドミニアムを購入する際には、購入資金の海外からの送金...

eyecatch2
海外不動産のリスク

海外の不動産を購入、所有するに当たっては、日本国内の不動産購入とは違っ...

→もっと見る

PAGE TOP ↑